ミズノ グロバリ H-Selection01が凄い!

ミズノ, 商品説明H-Selection01

最先端技術

皆さんグラブ弄ってますか~?私は今日も弄ってますよ(^^)/

さて、本日はミズノの2018年新発売モデル「H-Selection01」を紹介してみようかな、なんて思っております!

このH-Selection01はグローバルエリートですが今までのあっさりした感じではなく、どちらかと言えば“こってり”しています。

そしてコンセプトは下のPOPにもある通り“握りやすさ”であります。

H-Selection01

一口に握りやすさと言ってもウェブ、ポケット、ヒンジ、革紐といろいろな所を調整して初めて“握りやすさ”を感じる事が出来るのですが今回のグラブはヒンジ周りに重きを置き調整しています。

まず、最大の特徴は通常、一枚革で作られる捕球面が二枚の革で作られているとゆう点です。

何故か?

それは下の画像をご覧いただいたら分かりますがヒンジに本当に“ヒンジ”があるのです!

日本では蝶番、“ちょうばん”もしくは“ちょうつがい”と、呼ばれるあれです( ゚ 3゚)
ミズノ グローバルエリート H-Selection01

これ、今までありそうで無かったですよね?

しかも、結構収まりが良く見た目が美しいので一時の目新しさ狙いではなく定番化してもいいと思います。

気になるその実力は実際に球を受けた訳ではありませんが確かに握った時のスムーズさはあります。

耐久性に関してもそれほど衝撃を受ける所ではないので大丈夫でしょう。

一方、背面側も工夫を凝らしています。

小指部が指先と手元で別れているのです。

これで握った時に一番テンションがかかる背面の小指掛け辺りがフリーになるのです。

まぁ、この構造はウィルソンの少年用が先にやってるので特別珍しい訳ではありませんがデザインが秀逸なので新登場感は十分出ているという事にいたしましょう!

ミズノ グローバルエリート H-Selection01

ミズノ グローバルエリート H-Selection01

ミズノ グローバルエリート H-Selection01

ミズノ グローバルエリート H-Selection01

ミズノ グローバルエリート H-Selection01

次にウェブですがこちらも今までにない感がプンプン匂います(^_^)

ミズノ グローバルエリート H-Selection01

どうですか?

いい感じでしょ(^_^)/

特に内野用のHウェブが秀逸だと思います。

Hウェブって機能的で人気のウェブなんですがシンプル過ぎるんですよね。

しかも縦棒と横棒は縫い合わせているのでイマイチ動きが悪いんです。

でも、これなら縦棒が分離しているので動きがいいと思います。

しかも、紐が切れても大丈夫なように、コッソリ細い革で縦棒と横棒を縫い合わせてもいるので安心です。

ラベルは盛り上がり具合が増してエッジが効いてGoodです!
ミズノ グローバルエリート H-Selection01

まとめ

私はどちらかと言えばごちゃごちゃしたグラブが好きなので今回の“ごちゃごちゃ”したグローバルエリートはまさに好みですね。

何だかんだ言って、結局目新しさが無くなると消えてしまう系のグラブかもしれませんがベクトルは正しい方向に向いていると思います。

あとは、実力者の坂本選手や荒木選手なりが使うと定着するんですが…

ご清聴ありがとうございました( ノ_ _)ノ

詳しい画像や説明はこちらをご覧下さい。