ハイゴ最高!

カスタムグラブ, 修理工房, 芯調整, 革入れ加工フィニッシュエアシャーレザー, 革入れ加工

スポンサードサーチ

ハイゴールド硬式グラブ

皆さんグラブ弄ってますか?

私は今日も弄ってますよ~(^_^)b

さて、本日はハイゴールドが最近イチオシしている「フィニッシュエアシャーレザー」を採用した硬式用心極シリーズグラブをメンテナンスシテイコ思います。

て、わしゃ何人や( ̄ー ̄)

エクスペリアで書き込みしてますが予測変換で出てきたやつをクリックするも意図しないやつを選択する事が、めちゃめちゃ多くて困っています。

フリックもおかしくて「が」が「ご」になる確率は30%くらいです。

代々エクスペリアですが最新のやつにするまではこんなこと無かったのに何でだろ?

指が太くなったのかな?

そんなわけないか。

フィニッシュエアシャーレザーとはキップのような滑らかな風合いとステアの耐久性を併せ持った最強レザーなのです。

知らなかったでしょう?(^_^)

ここ2~3年でグラブ業界に進出してきた最新レザーで、けっこういろんなメーカーさんが使っているのではないでしようか。

これ、プロ用の革ですよ!

ハッキリ言って(^_-)

とにかくまだ未経験の方は一度試してみることを強くおすすめします。

さて、今回のメンテナンスグラブはこちらです。

凄く良い状態ですが手が痛いので革入れして欲しいとの事です。

う~ん、滑らかな動きと手の痛さは相反するところがあるから悩ましいです( ω-、)

ついでに指先にもう少し張りを持たせたいという事なので両方加工します。

指先補強

まずは指先を補強するのでいつものごとく指袋を引っ張り出します。

(ノ-_-)ノ~┻━┻ーおりゃ~

出ました!指袋!

これ、けっこう簡単に出るので興味本位で出してみたいそこの貴方は明日出してみましょうヾ(≧∀≦*)ノ〃

今回は革を当てて補強します。

重さは3本で20gほどなのでそれほど影響はないでしょう。

ボンドで貼り付け、乾いたら八方ミシンで縫います。

ここは厚みが凄いので気を抜くと針がボキッとなって横に添えた指めがけて飛んで来るので冷や汗流しながらの作業となります(;^∀^)

何とか針がボキッとならずに縫えました。

スポンサードサーチ

手の平補強

今度は手の平部分に革入れします。

ここはプレーにめちゃめちゃ影響する部分なので最低限の厚さまで革を漉いてから入れます。

同色の革が無かったわけではないが硬かったので柔らかいオレンジの革を使いました。

で、指掛けやら革紐やらを元に戻して完成です。

最後にクライアントの希望で色あせてしまった部分に当店特製「黒土スクワラン」をたっぷり擦り込んでメンテ完了としました。

このオイルはグランドから貰ってきた黒土を茶こしで丁寧にさらさらにした後、純度100%のスクワランオイルを混ぜたものです。

黒土とスクワランが混ざらないので繋ぎに固形オイルを足した方がいいような気もしますがまぁ、うまくいったと思います。

まとめ

今回は大規模に革を入れたので全体で40gほど重くなりました。

しかし、その分しっかり感も増したのでまぁ、良しとしましょう(^_-)

サード用なら逆にこっちの方がいいかも?

それにしてもフィニッシュエアシャーレザーは凄いなぁ(^_^)

ご清聴ありがとうございました。

またお会いしましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ