Cミットの新提案(前編)

ウェブ修理, ミットメンテナンス, 修理工房ウェブ交換, メンテナンス

何度でも蘇る

皆さんグラブ弄ってますか?私は今日も弄ってますよ~(^^)/

さて、本日のご依頼は「ポケットがヘタって深くなっちゃったので何とかして欲しい」との超常連様からのご依頼です。

任せて下さい!ご期待に応えましょう!

現状はこんな感じです。
キャッチャーミットのメンテナンス
キャッチャーミットのメンテナンス

実はこのキャッチャーミット、ウェブが2ピースタイプなんですが2ピースタイプってポケットとウェブの境目がガクッと段差になっているんです。
キャッチャーミットのメンテナンス

なのでこの段差の所でボールを受け続けると革が擦り減っていずれ破れます。

でも、キャッチャーミットの芯ってこの段差の所だと思うので仕方が無いんですよね・・・

このミットも最初は上の画像のような段差のある2ピーススタイルでしたがこのように破れてしまいました。
キャッチャーミットのメンテナンス

で、最初は革を裏から当ててミシンでダダダダダと縫ったのですが速攻で破れたので表から革を当てる事にしました。

でも、激しくボールが当たる所なので一切ミシンで縫う事なく、かつ段差も解消出来るいい方法はないかと考えた結果がこのウェブを捕球面に回り込ませるタイプのウェブだったのです。

この方法なら元々あった革紐でポケット側を固定出来るので革の断面のみ滑らかにしていれば全く違和感なく使えると思います。

しかもウェブが擦り減ればまた交換すればいいので何度でも蘇るのです(^v^)/

拡大するとこんな感じです。う~ん、画期的~!
キャッチャーミットのメンテナンス
キャッチャーミットのメンテナンス

衝撃が凄い

このミット使いだしてまだ一年ちょいですからどんだけ硬式球って衝撃が凄いんだと改めて恐ろしくなりました。

なので少し補強を入れておきます。

革を切り出して現物合わせで内部にパーツを忍ばせます。

こうでもしないと指がやられると判断しました。

キャッチャーミットのメンテナンス
キャッチャーミットのメンテナンス

針金を使って仮留めしてみるとサイズも丁度良くいい感じです。

で、補強が終わったのでウェブの製作に取り掛かります。

実は以前の修理の時に型紙と作っていたのでちょちょいのちょいで仕上げる予定でしたが何か様子がおかしいのです。

全然型紙とミットの寸法が合わない・・・

むむむ~・・・

しばし考えて閃きました。

こりゃ、革が伸びてポケットが深くなってるな・・・

型紙ベースで1.5cmはサイズが合わなかったので相当なものです。

これはもう型紙の意味が無いので現物合わせで作ることにしました。

仮の姿

予定が狂って勘を頼りに製作しなければならなくなったので革を当てては穴を開け、穴を開けては革を切ってを繰り返してようやく形になってきました。

こういっった現物合わせでウェブなんかを作っている時が実は楽しいんですよね(^^)

で、仕上がったのがこんな感じです。
キャッチャーミットのメンテナンス
キャッチャーミットのメンテナンス
キャッチャーミットのメンテナンス

うん、いい感じですね。

実際はこの革のパーツの内部にもう一枚革を当てて補強したりステッチを入れる予定ですが時間切れなのでまた来週になりました。

現在の完成系がこちらです。
キャッチャーミットのメンテナンス

今回の修理もGOODにいけそうな気がするぜ!

気になる後編はこちらからどうぞ(^^)/

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ