フルメンテナンス

ヘリ革交換, 革紐交換

スポンサードサーチ

蘇るんや

皆さんグラブ弄ってますか~

私は今日も弄ってますよ~(^^)v

さて、本日の修理は紐交換と型の手直しです。

先輩に貰ったお古ですが腐っても鯛!

ミズノプロ様であらせられますのでここはグラブのメンツも考えてビシッと蘇らせましょう!

状態は悪くない

一見すると紐が切れているのでもう「終わった」グラブに見えますが

ポケットには穴が開いていないのです。

こうなれば蘇り成功率90%!

たいていの場合パリッとしたグラブに蘇ります。

とは言え、ウェブの辺りはだいぶ怪しいな・・・

まずは丸裸になってもらい

ウェブを縫い直し

破れたヘリ革を田中賢介ヨロシク縫いで仕上げ

型を変えるために湯もみをしてオイルをしっかり塗れば出来上がりです。

スポンサードサーチ

古いグラブを湯もみしてもいいの?

結論から言えば、いけるやつといけないやつがあります。

まず、平裏部がディアスキンの古いグラブはボロボロ崩れ落ちますので止めといた方が無難です。

あと、革紐を替えずに古い革紐を再利用する場合はディアスキン同様、ブチブチ切れて崩れ落ちます。

油が滲み出て固まりカチコチになってしまったグラブもボロボロに崩れ落ちる可能性がありますので危険です。

それ以外は何とかなりますがやはり新品のようには型が付きませんのであしからず。

まとめ

今回はちょい古グラブのレストアをササっと紹介しました。

ヤフオクやメルカリで見つけたグラブを復活させたい場合は私あまくさにご用命くださいませ。

ただし、こういったグラブの修理は「お任せのノークレーム」が基本なのでご了承ください。

気に入らないから元に戻せ~と言われても絶対出来ませんので(^^;

ご清聴ありがとうございました。

またお会いしましょう。