野球の細道

野球の細道カスタマイズ, グラブ修理

野球の細道

ベースボールショップGTKの甘艸(あまくさ)がお届けするコアなグラブ・ミットのカスタム、修理、改造ネタを中心にやっていこうと思います。

グラブやミットは革製品なので簡単にカスタムや修理が出来ます。

使い捨てが当たり前のこの時代においてこれは非常に大切な事であり、また重要な課題でもあると思います。

物を大切にしなくなって久しいこの現代社会に小さな一石を投じる事が出来たら嬉しいですね。

「そんな物もう捨てなよ」

「限界にキテルよ」

「買い替え時だよ」

確かにそうなんだけど最後の最後、ほんの少しだけ粘りたい!

もう少しだけこいつと戦いたいんだ!

そんな熱いプレーヤーの期待に応えたいです。

自分自身も大学まで野球をやってきましたが現役時代は用具なんて親が買って当たり前のように思っていましたし、ちょっと使えばすぐ別の物が欲しくなっておねだりしていました。

社会人になり人の親になって今感じる事は「物を買ってもらうのは当たり前の事じゃないんだな」ということです。

値段うんぬんより買ってあげる側は買ってあげる人に対して喜んで欲しいという思いで何かを買います。

それをないがしろにして生きて来た事を反省したいです。

今まで当たり前のように使っていつの間にか無くなっていったあのグラブ達はどこにいったんだろう?

自分で捨てた事は一度もない・・・

という事は親が捨てているのだ・・・

どんな気持ちであったのか・・・

切なくなります。

オレンジのハイゴールドに始まり

ZETTのグラカーフレザー400

トラストの硬式用グラブ

ローリングスのオーダーグラブ

ミズノのオーダーグラブ

ウィルソン池山モデル

ZETTのオーダーグラブ

ミズノのオーダーグラブ

今でも全てのグラブが鮮明に甦ります。

出来る事ならその全てを並べて思い出に浸りながら酒でも呑みたいですね。

あー、昔の私に言いたい~!

「取って置きな」と。

こんな気持ちの人って結構いるんじゃないでしょうか?

このブログをご覧の父兄の皆様、キッズの皆様、絶対取って置いた方がいいですよ!

私の物に対する修理癖はそんな後悔の一念から生まれているのかもしれません。

今ではグラブをはじめとする野球用品を扱う職業に付いたので多くのプレーヤーに感動と思い出に残るグラブをお渡し出来たらいいなと思っています。

そして修理やカスタマイズでその多くのプレーヤー達の思いに応えようと思います。

それではリクエストなどありましたらコメント下さい。

宜しくお願いいたします(^^)