ミット再生計画

破れ修理, 紐交換古いミット, 指掛け交換

スポンサードサーチ

相棒

皆さんグラブ弄ってますか?

私は今日も弄ってますよ~(^^)b

さて本日は長年使ってくたびれたミットをリフレッシュしたいと思います。

この依頼主様はこのミットを長年使っていますがその後ミットを一つ購入しています。

しかし使い慣れたこのミットの方がいいという事で新しいミットを使わず使い続けています。

一期一会という感じでしょうか?これでないと戦えないという事です。

なかなかそういう相棒に出会える事は少ないと思いますので幸せですね(^^)

また完全に同じ型のミットを提供出来なかった自分に対してまだまだだなと思います。

リフレッシュ

さて今回のミットは現状こんな感じです。

ソフトボール3号での使用なので深く広~いポケットが特徴です。

野球の場合こんな感じにはなりません。

ソフトボールならではの雰囲気を出しています。

今は捕り易いけど傷みが激しく今後長く使うには不安がありますのでその辺を修理していこうと思います。

気になる箇所はポケットの擦れと背面の破れです。

捕球面の擦れは染色、背面の破れは縫いと染色で修理したいと思います。

そして今回のメンテナンスにあたって革紐も全て交換したいということなのでまずは恒例の全バラシ祭り開始です。

⊂(゚Д゚⊂⌒`つ イーヤッホーーー

一見すると戻るのこれ?

゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

という感じですが我々野球専門店の人間には朝のご飯を食べる前に出来てしまうくらいの作業ですのでご安心ください(^^)

スポンサードサーチ

長く使えるように

いつもなら染色して全紐交換して終わりですが今回はこれからも長く使えるようにとのことなので交換出来るパーツは極力交換します。

まずはヨレヨレの指掛けから交換します。

結び目の辺りが切れかかっていますので交換するのが妥当です。

元々の革の厚みに調整しクローンを作成しました。

指掛けを交換すると最初指触りが硬く感じますがすぐに慣れますのでスパッと交換します。

もちろん交換作業は愛機八方ミシンDI-4Aで行います。

最近この手の工業用ミシンが生産数の減少やメーカーの廃業で中古価格が跳ね上がっています。

私も八方ミシンが壊れた時用にサブの八方ミシンをヤフオクで探していますがなかなかの高値で落札されており悔しい思いを何度もしております(;v;)

台湾製のやつも気になりますが慣れ親しんだ八方ミシン工業安田社長製造のDI-4Aを買いたいと思います。

何かの間違いで激安落札が起こりますように

(*>人<)ナニトゾ

指掛けを交換したら破れている部分に当て革をして縫っていきます。

ファーストミットはガバっと180度開きますので作業性抜群です。

で、グリスを縫って

さあ、革紐を取り付けるぞと思ったその時~

親指の芯が折れていました・・・

久々にあの修理が炸裂します。

出たぁ~!革紐通しピンによる骨折治し~!

意外とこのやり方が有効で適度なしなりと強度がいい感じになるのです。

ようやく全ての下地作業が完成しましたので革紐交換をして修理完了です。

いや~見違えるように綺麗になりましたね(^^)

まとめ

最近古いグラブやミットを修理する機会が多いですがそれなりに若さを取り戻せているので一安心です。

ではご好評に感謝して劇的なビフォ~アフタ~画像をご覧ください。

これからも皆様が相棒と一日でも長く付き合えるように腕を磨いていこうと思います。

ご清聴ありがとうございました。

またお会いしましょう。