革漉き機降臨

修理工房, 革漉き機NIPPY, NP-1, 革漉き機

スポンサードサーチ

夢にまで見た

皆さんグラブ弄ってますか?

私は今日も弄ってますよ~(^^)b

さて本日はBIGニュースをご報告させていただきます。

それは~~~

革漉き機を購入しました~!

ヾ(´Д`)ノ☆ヾ(д´◎) イエイ

イエイなんてもんじゃありません、夢にまで見た革漉き機が手に入ったのです。

ヤフオクで何度競り合いに負けたことか・・・

メルカリで何度タッチの差で売り切れていたことか・・・

ジモティ、ラクマ、新聞の売ります・あげます・・・

もう革漉き機とは縁が無いと諦め、グラインダーで削るプロになろうと決心しました。

それが目の前にあるのです(;^;)ウレシスギル

それは突然やってきた

そんな風に書くと革漉き機は絶滅寸前のようですが新品が世の中に溢れるほど販売されています。

でもそれは革漉きを商売にされている方やレザー商品をメインに扱っている方用でして私のようなたま~にしか漉かない者にとっては無用の長物とも言えるアイテムなのです。

なぜならお値段が20万円くらいしてしまうので。

手を出すと元が取れないのは確実です。

しかし性格でしょうか、欲しいとなったら採算なんて関係なく欲しいのです。

週に1~2回しか使わなくても、絶対に欲しい欲しい欲しい!

子供か (`・ω・´)∠

ネットでの検索を止めて(実際はしてたけど)知り合いの知り合いが保有している可能性に懸けました。

そして待つこと数か月、突然一本のLINEが画像付きで送られてきました。

「ボロボロだけど買う?」

スポンサードサーチ

ドキドキの展開

画像が送られてきた瞬間、織田裕二 サンテFX CMばりの「キターッ!」が炸裂いたしました。

速攻で電話して「買う!いくら?」と聞くと

「社長がいなくていくらか分からないんだけど売ってくれるのは間違いないよ」

との事

う~ん、いけずぅ(^^;

何でも知り合いの職人さんが使ってない革漉き機を倉庫の奥に眠らせているとの事。

そうそう、それそれ、そのパターンを待っていたのですよ私は。

使っていないなら少しは安く分けてくれるだろうという淡い(甘い)期待が持てるこのパターン。

早く社長の希望価格が知りたい・・・

しかし週末だったこともあり連絡は週明けまでありませんでした。

その時は来た

社長の返事を待つこと数日ついに希望価格が発表されました。

ここでは明かせませんが

「嘘でしょ!そんなに安いの?」

というくらいのスーパープライスでした。

しかも配送付きです。

「そっちに行く用事が月末にあるからその時に持って行くわ」

と、10日くらいに連絡を受けました。

待ちきれないぜ (^^;

それでも何とか月末まで待つこと三週間ついに”ブツ”はやって来ました。

腕太っ!

鬼のように重い革漉き機を二人掛かりで車から降ろして設置しました。

思ったより大きくて幅は50cmくらいありました。

台は革漉き機を購入した時の木箱との事で油と年月とが交じり合ってすごい色をしています。

う~ん、渋いぜ (# ̄ー ̄#

どうやら型番はNP-1という革漉き機のようです。

NP-2というのもあり違いを調べるとNP-1の方がグラインダーのON/OFFスイッチや丸刃内の掃除スイッチが付いているので上級機種との事でした。

丸刃の掃除機能は前のオーナーが外したのかスイッチのみで付いていませんでしたがグラインダースイッチの方はちゃんと機能していました。

回りっぱなしだと少しうるさいのでありがたい機能ですね。

と書けば分かっている風ですが最初グラインダーのスイッチなんて知らなくて回ってもいないグラインダーを丸刃に押し当てて

キィイイイイイイイ~!!!

という爆音を響かせていたのはどこのどいつだい?

あたいだよ!

スポンサードサーチ

まとめ

設置作業も終わったので次回は実際に革漉き機を使ってみようと思います。

ご清聴ありがとうございました。

またお会いしましょう。