ミット再生計画2019秋

ミットメンテナンス, 修理工房お返し前に修理, 良い心がけ

スポンサードサーチ

お返しに

皆さんグラブ弄ってますか?

私は今日も弄ってますよ~(^^)b

さて、本日は前回同様ミットの修理をご紹介しようと思います。

聞けばポジション変更を機にチームメイトに借りていたミットを綺麗にして返したいとの事。

素晴らしい心がけです(^^)

きっと親御様の教育が素晴らしいのでしょう!

現状のミットはこんな感じです。

修理しつつ大事に使ってきたが限界に近づいています。

このタイミングで修理に出されたのは賢明でしょう。

ウェブ交換と皮紐交換、そしてラベル交換でリフレッシュします。

本当はヘリ革交換も併せて行いたいところですが予算の兼ね合いもあるのでこの辺でやめておきます。

見えない部分をしっかり直す

当初の予定では無かったのですがよく見ると小指掛けが片方無くなっていました。

やはり汗を放置すると指掛けはすぐ無くなります。

しかし構造が単純なので指掛けはすぐに元の姿を取り戻します。

シャキーン!

革漉機が来てからというもの指掛け交換がちょちょいのちょい作業になってしまいました。

以前は革包丁でシュコシュコ削っていたので仕上がり、作業時間、ともにえらい違いです。

革漉機最高!


皮紐と指掛けとウェブを交換して修理完了ですがせっかくなので指出し部分のヘリ革を修理しておきます。

指出し部分のみの破れは、ほぼこの巻き付けヘリ革で修理します。

この修理方法のメリットは「指を出した時に気持ちいい」事です。

一度体感すると普通のヘリ革には戻れませんのでご注意を(^^)


スポンサードサーチ

まとめ

前回のミット同様ほんの少しの時間とお金でグラブやミットはすぐに蘇ります。

捨てる前に一度ご相談ください、良い結果になるかもしれません(^^)v

ご清聴ありがとうございました。

またお会いしましょう。